06年11月HPリニューアルに伴い、ブログタイトルもリニューアル。


by kgapk2004
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

sakanaction

c0005235_22209.jpg


しばらく音楽のアルバムなんて聴いてなくて、新ジャンルの開拓もなく随分音楽は停滞してたなぁと思ってた矢先、時雨とサカナのアルバムがでると聴き、久々にアルバムを買ってみようと。この時期は毎年アーティストのアルバムリリースが相次ぐ時期ですが、音楽はなれしていた以上にキャリア的にそろそろ安定期に入り、嫌でもマンネリ化が漂う時期+前作が「悪くはないが、良くもない」つまり平行線なイメージをうけた為このアルバムにもそこまで期待してなかったのですが、いやいやいいアルバムです。
音楽好きの中で周知の存在となる位置でのブレイクと考えるとおよそ3年選手となり、メジャーでは3枚目。どうしてもここらで彼らの曲調に慣れてしまいリリースする側にもどこか惰性で鳴らしてる面が1つ2つでてきてしまいがちな時期になると思うのですが、従来の持ち味である適度な打ち込み・和的ビート+コーラス、これに加え前作でも見られた合唱テイスト、初期を思わせるより強いダンスビート色がまざり、それでいて尚情緒やメロディライン、楽曲としての口当たりの良さ、適度なシングルの配置、中だるみしないよう曲のバラエティのテンションの強弱をつける、とアルバムとしての大事な要素がすべて詰まっています。
もしかしたら彼らのキャリアの最高傑作になるのかも。侮っていました。これは名盤です
[PR]
by kgapk2004 | 2013-04-29 02:22 | 音楽レビュー