06年11月HPリニューアルに伴い、ブログタイトルもリニューアル。


by kgapk2004
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

コンタクト

c0005235_19383248.jpg人類の究極のテーマは心理の追求であると言われてます。宇宙の果てには何があるのか、そもそも宇宙はどうして誕生したのか、その意義は何か?というようなスケールの大きな根源的なテーマ。物理学者なんかは、生物の生まれた地球のありえないくらい偶然の条件のよさや、あまりにも細かすぎる生物の作りに、愕然として神の存在をマジで考えずにはいられないというような話はよく聞きますが「コンタクト」はそういった、哲学的なテーマを持つSF映画です。かたくなに異星人の存在を信じるジョディ・フォスター扮する女性科学者が偶然異星人から送られてきたとされる装置によって宇宙の彼方まで行くと言う話しなのですが、そこにあたる部分は劇中でもわずかな時間で大半は人類と科学と神、みたいのがテーマに当たる作品になってます。しかし、こういったものをテーマにもつ映画にありがちな、観客置いてけぼりの宗教臭い内容にはならず(って、思い返してみれば結構なってるかも^^;)人類への希望と可能性を交えさせながら、それなりにリアリティ溢れる描写もできており、見ごたえのある内容に仕上がってます。「フィールドオブドリームス」にも感じたアメリカ人ならではの宗教観ってのもほのかに(分かりやすく)伝わってくるので、そういう意味で結構勉強になったトコロも。ちょいと一昔前なセンスの宇宙服や、後半に唐突に出てくる北海道基地の勘違いに溢れた和室のせいで、B級臭さを感じさせてしまったのは残念w。
[PR]
by kgapk2004 | 2006-09-02 19:30 | シネマレビュー