06年11月HPリニューアルに伴い、ブログタイトルもリニューアル。


by kgapk2004
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2008年 05月 09日 ( 1 )

LIFE STORY(THA BLUE HERB)

c0005235_0553191.jpg最近名盤と評判の1stを聴き
いまひとつしっくりこなかったブルーハーブ
なのですが、コアなHIP HHOPとしては
異例のチャートアクションを起こした
最新作の3rdを聴いてびっくりしました
やはり自分は未来世紀日本、以降の
ポストロック的なアプローチや
流れるように囁くBOSSの唄い方に
惹かれるところがあるようです。
そういった変換のあった2ndでも
まだハードコアを思わせある荒々しく
時に怪しげなトラック
頑ななまでに攻撃的なリリックという、尖がった要素は強く持っていたのですが
この3rdでは既にそういった攻撃的な要素が
なりを潜め、落ち着いた大人の視点、人生そのものをどこか達観しつつ
それでもさらに上を目指そうという意思が感じられ、リリックの表現は
さらにUPしております、従来もストーリー性を持たせた長大なリリックが
特徴になっていたブルーハーブですが、本作では1枚で1つの作品
映画やサウンドトラックのような仕上がりになっていると思います。
O.N.Oのトラックもポストロック的なアプローチはそのままにより耳障りのいい
優しい音に変化しています。何かと人を選ぶHIPHOPというジャンルで
さらに、ここまでガッチガチに真面目な曲だと
拒否反応を示す人もいると思うんですが、逆に昨今ここまで真摯さを
感じるアルバムも珍しいと思うのです。エモコアの雄、イースタンユースと並び
北海道出身にして、国産でこのジャンルでは一つの到達点に間違いなく
到達しつつあるな~、と感じました。 1stの頃の攻撃性や荒々しさを好んでた人は
この変化には戸惑うかもしれません。。
[PR]
by kgapk2004 | 2008-05-09 01:01 | 音楽レビュー