06年11月HPリニューアルに伴い、ブログタイトルもリニューアル。


by kgapk2004
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

<   2005年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

風邪ひいても、おとなしくできず
昔の録音したテープなんかがでてきたんで
ひさしぶりに聞いて懐かしい気分にひたったり。。。
携帯から取り込んだデジカメや動画、メディアプレイヤーに
とりこんだ楽曲で自宅にCDがない曲のバックアップをとったり。

しかし俺ってつくづく分かりやすくて
リアルが楽しくてしょうがない時は
やったらその時の記録を残してあるんだよねぇ
高1近辺の記録がやたら多いし。
あの頃はほんと楽しかったもんさ(-.-)y-~~~
(普通だったら写真なのに、
わざわざ音声や動画で残してあるのが俺っぽい・・・)。
そんで、リアルがつまらん時はCDやゲームの依存率が
めちゃ高い(早い話が現実逃避ですな^^;)
映画の見る本数もやたら増えてたりね。
故に大学時代はそのへんの充実度は凄くあったんですが
リアルの思い出がほとんどねェや^^;;;
んで、ここ2年くらいはやたら動画やデジカメ撮影映像が
増えてるんで、それだけまたリアルが充実してきたって
ことなんでしょうねェ(なんたって真伝説・創造とか言ってる訳で・・・)
まぁ近々あの、懐かしのE1B伝説がデジタル音源化して
復活?するかもしれないんで、お楽しみに?^^;
[PR]
by kgapk2004 | 2005-05-19 23:03 | 日記・日常(04~08)

風邪ひーたー

喉がちょっと痛いかな?と思ったものの
寝不足のまま学校行って、バイトでたら悪化~
今日は一日おとなしくしていましたとさ。
ま、おかげで寝不足が解消できたw
[PR]
by kgapk2004 | 2005-05-18 23:01 | 日記・日常(04~08)

レイバー実現も近い?

http://www.asahi.com/national/update/0509/TKY200505090165.html
↑これ。
あと30年くらいしたら
ガンダムも夢じゃないのか?w
でも空想○学読本によると
大きな物体になるほど、ずんぐりむっくり体系じゃないと
重心を維持できないとか書いてあったよーな(笑)。
そもそも実用性を考えた場合
人型にする意味がないという気もするが^^;
[PR]
by kgapk2004 | 2005-05-17 22:48 | 雑記

久々の

久々に浜松でカラオケェ~。
アカデミー行っても、街中ぶらつくことはあっても
遊びにいくことってあんまなかったから
しかも、カラオケ自体がご無沙汰だったので
なかなかに有意義な一日でしたヨン♪
[PR]
by kgapk2004 | 2005-05-15 23:14 | 日記・日常(04~08)

海猿。

最近はこういうネタばっかだなw
c0005235_273586.jpg海猿がドラマ化するよーですね。
ベルセルクにハマって
青年漫画をあさってた頃
ドギツイ社会派漫画が並ぶヤングサンデーの中にあって
結構注目してた1本が海猿でした。
まずその独特の画力と、間のとり方のうまさ
海上保安官という比較的派手な設定に惹かれた訳ですが
(「め組の大吾」のあと釜狙ってた感はあったけど・・)
当時のヤンサンは、殺し屋1とかワールドイズマインとか度胸星とか
濃ーい漫画が並んでたからイマイチ埋もれてた感はあった。
(某巨大掲示板は毎週エライ盛り上がってた記憶がある)
毎週、ワイドショー張りの濃い漫画が連載されてた訳だからね・・・。

でもやっぱりよくできた漫画だよなー、と思ってたら
(なんせネット上のレビューサイトでは軒並み高評価だったからね・・・)
唐突に終わって(ヤンサンのさわやか路線変更のためらしい)
あと1・2エピソードあったらなーとか思ってた訳ですが。
その後同作者のブラックジャックによろしくがブレイクして
その効果からか海猿も単発ドラマ化して、キャスト変わって映画化して
今度は連続ドラマ、さらに来年には2作目の映画も・・・
まさか原作終了後、ここまで出世するとはねぇ。
個人的には当時のヤンサンのショッキング路線にあっても
ドギツイ展開にあまり走らずに
ヒューマニズム重視で描かれた点は好印象。
BJよろしくと比べても医療という扱いが難しい(下手したら胡散臭くなりがちな)
題材に比べて、分かりやすく、派手な見せ場があり
そのうえ命の大切さも問えるという比較をすると
この作者の作品は
海猿時代の方が好きでしたねぇ。
海猿の方があんまへ理屈こねくりまわしたような煮え切らない
展開になってなかったしねェ^^;。

その後カイジの福本と、
地雷震の高橋ツトムのアシやってたと知って、ちょっと納得。
あの絵は高橋ツトムの絵に近い
(ちなみに現在ヤンサンで連載中のRainbowもこの路線の絵だね
海猿の方に近い絵なので、この人のアシだったのかも)。

とりあえず原作が全12巻の7・8エピソードくらいだったから
どのエピソードがどうやって映像化されるかは楽しみだねェ。
半分くらいオリジナルになりそうだな・・・。
まぁあんま見る時間もないし、
どうもドラマ化といわれてもピンとこないけどね^^;

・・・以前まったく同じような内容を日記に書いてたのに気づいた^^;
[PR]
by kgapk2004 | 2005-05-11 23:05 | エンタメ

幼年期の終わり

取り立てて、見るもののネタがなくなると
古典に逃げる俺w
今回は今まであまりチャレンジしなかった海外小説の
それもSF小説、さらに古典ということで
アーサー・C・クラーク
(2001年宇宙の旅の原作者でもあります)
の幼年期の終わりなんぞを読んで見ました。
(洋題だとCHILD FOOD'S END・・・ピンとくる人はT○マニアw)
内容的には哲学的SFに分類されるもので
昔見たコンタクトって映画を思い出しましたね。

でもSFだけあって想像力を越えた展開をするする
用は宇宙人は存在するのか
宇宙というでかい存在の中で人間の意義は云々、な展開な訳だけど
50年近く前に、これだけの内容を書き上げてたとはねぇ。
ただ不思議なことに映像化はされてないんだなぁ。
まぁ映像化するならロードオブ~以上に大変そうだけど。
文章じゃないと表現不能だろうな、と思う部分も多いし。
でも今の時代ならもうCGの発達で不可能ではないと思いますが。
しかし、後半の内容はさすがにちょっとムズかしかったな^^;
ちょっといままであんまお目にかかってない展開で
頭の中でうまくビジョンが組み立てられなかった。。
だからこそ映像化にはちょっと期待するんだけどね。
想像力の補完とゆうか。
結末付近の展開は内容的にえーって部分もありましたが^^;
オーバーロードの正体が伏せられてた前半~中盤が
一番ワクワクしたかなぁ。
[PR]
by kgapk2004 | 2005-05-05 23:52 | エンタメ

釣りBY福田海岸

c0005235_16564619.jpg1年前に糸が絡まった段階で放置されてた
釣り企画。
今回は指導役にAさんを呼んで
福田の海岸で決行。
おかげさまで前回に比べてだいぶ進歩しましたよ。
アウストラルピテクスがホモサピエンスに進化した
くらいの成長はしたはずw
糸とリール巻きの基礎を覚えたくらいだけど(笑)
前日に雨がものすげー降ってたから天気が心配だったけど
幸い天候にも恵まれたし。
ただ風が強かったんだよなー。
そのせいで、2・3回悲劇が繰り返されたが^^;

また近いうちに釣り企画はやりたいですな。
[PR]
by kgapk2004 | 2005-05-02 23:57 | 日記・日常(04~08)