06年11月HPリニューアルに伴い、ブログタイトルもリニューアル。


by kgapk2004
カレンダー

<   2006年 08月 ( 13 )   > この月の画像一覧

Mr.PAPA

c0005235_20525613.jpg久々のグルメネタ。
最近はどっか食べに行くにしても
おなじみのとこばかりだったからなぁ^^;
夏になると「あの本」が出るので
食べにいく店の新規開拓率が上がりますねw。
今回の店は、一応掛川市
(合併前でも掛川市だったとこ
といわねばいかんかな^^;)に属していますが
ほとんど大東よりの田園地帯にポツンとある店。
上張のガード潜ってずーっと道なりに南下。
(超内輪ネタになりますが・・・)あの恐怖の3連お化けトンネルへ行くときの
目印となる、例のサークルKをそっちとは逆方向
(掛川方面から来た場合、左折)するとすぐに見えてきます。
って、この説明で何人が分かるだろうw。
ログハウスの造りと、外にある外車がいかしてます。
最初は割りと空いてたのに、途中から混み混みに。。。
恐らくリピーターが多くいると思われる。
値段も手ごろで1000~1500円でガッツリ食べれるのがお薦め。
パスタの種類が豊富なのです。
[PR]
by kgapk2004 | 2006-08-28 20:53 | グルメ

静岡に

c0005235_20265538.jpg

空港できるからね
[PR]
by kgapk2004 | 2006-08-26 20:27 | 雑記
c0005235_313750.jpgゴー宣読むのなんて、戦争論1以来だなぁ・・・。
相変わらず靖国問題でゴタゴタ揉めてるのに
何も予備知識がないので
最低限の知識だけは欲しいなぁと思い
あれこれ立読みした結果
結局漫画である分、一番読みやすかったということで
(冒頭の東条英機のくだりを文章にするだけで
相当の文字数を有し
しかもかなり分かり辛い内容になると思うので・・・)
この本を手にしたという次第。かといってそんなに読みやすい本でもないのですがw。
文章量だけなら、最近話題の「新書」よりも下手すりゃ多いくらいかも。。。
このゴーマニズム宣言というシリーズ自体は、知識人ではないあくまで一般人の
立場の作者が、一般人の視点から世の中の問題にもの申すっていうスタイルが
斬新で話題になったと思うんですが、次第に扱う内容が複雑化していき
もはやただの世の中に渇を入れるエッセイ漫画から、完全に社会派思想系漫画へ
変化を遂げていると思いますが、新刊が出るたびに議論を起こす
その影響力の源となる、作者の熱意は相変わらず凄いと思います。
(ちなみに著者は、あのおぼっちゃまくんの作者、小林よしのりです。)
ただ、どうしてもゴー宣は、描写の仕方が過剰で反感を買いやすいのと
作者がきっちり文献等に目を通した上で言い切っているのかあやふやな点が鼻について
真面目に目を通す気にならなかったんですが(この本によるトラブルもよく耳にしたし)
この「いわゆるA級戦犯」を見た限り、昔ほど過剰な言い切りは減ってるし
相当数の参考文献を経てかかれていたため、改めて見ると凄いなぁ、と。
この手の話題になると必ず右翼だ左翼だ、という立場に立った上での
議論がおこりがちですが(それについて、一々議論するほどの知識もありませんが^^;)
どんな言い分も後になって、いくらでも隠蔽や改竄ができる以上
もう実際の当時の現場なり情勢なりを直に見ないことには、これが正しい
なんて、言い切れないと思っています。
正解はあるんだろうけど、時間が立ちすぎて検証するのが不可能な以上
どうしようもない問題が多すぎるんじゃないかと。
ただ、少しでも多くのデータや証言を元に、その人なりの答えを導き出すことは
間違いじゃないとも考えてます。
ただ、そもそもの靖国問題の議論の的であるA級戦犯、そして東京裁判は
どうもA級戦犯=悪、そもそも大東亜戦争=太平洋戦争そのものが
戦争をけしかけた当時の軍部と日本軍が一方的に悪いっていう風潮が
未だに多くを占めると思うので、その一般論に対する反論・検証本として、この手の本を
読むのは大いにアリだと思います。結構目から鱗が落ちる話や視点が多し。
思想云々は抜きにして、A級戦犯といわれている人たちの経歴を
ある程度客観的に見ることができる、という意味で価値ある1冊。
[PR]
by kgapk2004 | 2006-08-26 02:37 | ノンフィクション
c0005235_20205784.jpg成長が止まるのだと思います。

踏み出せばその一足が道となる。

危ぶむなかれ、危ぶめばそこに道はなし。

迷わず行けよ、行けばわかるさ。ありがとう!
[PR]
by kgapk2004 | 2006-08-23 20:21 | 日記・日常(04~08)

神々の山嶺

c0005235_2515944.jpgジャンプの格闘漫画などに多大な影響を与えたといわれる作家、夢枕獏 。漫画原作を担当したり、BS漫画夜話にたまに登場するなど、漫画界とのつながりも強い人ですが本作は作家としての底力を感じさせてくれた大作でした。山に登ることに罪悪感を感じ続けた男が再びエベレストの頂に挑む、という山岳小説の王道の作りなのですが、男臭い作風を売りにした作家の作品だけあり、ある種むさくるしいくらいの硬派な小説に仕上がっていますw。と同時に山登りの過酷さもひしひしと。なんでそこまでして登るんだって感じですが、そこはそれ、山登りに対する情熱とロマンに溢れた内容になっております。レビューを書くにあたって久々に少しだけ読み返してみたんですが、ここまで文章が熱い作品もなかなかないかもしれません。あと少し行くと臭く感じてしまうレベルの熱さw。でもこういうノリ、嫌いじゃないです。熱い話好き、男臭いモノ好きって方はチェックしてみてくだされ。また、普通に山岳小説としてみても、かなりの入念な取材に基づいてしっかり書かれてる内容だと思うので(なんたって舞台はエベレストだし)。
[PR]
by kgapk2004 | 2006-08-23 02:21 | ブックレビュー

十角館の殺人

c0005235_251739.jpg有名な建築家の建てた館で起こる殺人を解明していく、という連作シリーズ通称「館シリーズ」第1作。もう読んだのがだいぶ前だから細かい部分を忘れちゃってますが^^;。美術とミステリィは非常に愛称がよく、しばしばトリックの筋に「美術」が絡んでくることが多くあると思います。本作はそこを、ミステリーとしては最も愛称の良く、また魅力的な舞台となる「館」をテーマに置いたこと、それもただの館ではなく、有名な建築家が建てた、トリッキーな作りに満ちた館としたことが革命的だったんじゃないかと思います。ミステリーを謳う最近の多くの作品が、犯人の動機であったり、社会派的な要素であったり、何かしらのテーマを持ってくるのが多い昨今、登場キャラこそいくらかの主張をするものの、基本的には大きなテーマとなることはなく、ひたすら「館」そのものを主人公とし、そのトリックや恐怖を前面に押し出したドライな作風が余計なものが削ぎおとされていて好きな人にはたまらない内容でしょう。徹底的にドライ、まさに「真本格」なミステリー。
[PR]
by kgapk2004 | 2006-08-23 02:20 | ブックレビュー

マークスの山

c0005235_246594.jpg高村薫、今の所唯一読んだのが本作「マークスの山」。前々から評判は聞いていたので、文庫化になる際に目を通してみようかな、と思ったら延期に次ぐ延期で結構やきもきさせられたのを覚えていますw。高村薫の小説では、連作シリーズになっている合田警部シリーズの1作。悪意の塊のような殺人者、通称「マークス」を追って、最終的に山岳小説並みのスケールに発展する作品。警察内部の縄張り意識や組織的な構図をリアルに見せる「警察小説」としても高く評価された作品で、機動警察パトレイバーや踊る大捜査線とともに「リアルな警察劇」を確立させた走りの作品の1つといっていいんではないでしょうか(初刊行は91年)。しかし、この人の小説は文章が硬い^^;、今読むとどうか分かりませんが、始めて読んだときはその固さぶりになかなか馴染めなかった気がします。
[PR]
by kgapk2004 | 2006-08-23 02:17 | ブックレビュー

結婚式!

俺の結婚式でなく、おねぇの結婚式ですがw。
もうあの学年が30路手前だもんな~、年食ったもんだ。。。
式は某スタジアムのある駅のすぐ近くに最近オープンしたところで。
なんか久々に見る顔が多かったこと・・・りっつの姉さんも来てたしね。
あと、ある世代の掛西中生にはお馴染み
体育教師、S太田さんも来てました。あの学年の頃は担任を受け持ってたんだねぇ。
なんせ結婚とはいっても、旦那さんの家がすぐ近所なんで
そこまでしんみりモードって感じもなかったんですが
始まってみると、なかなか感慨深いものがありましたねぇ。
うちは一家揃ってみんな表面上はクールなので(というか内心照れ屋というか)
誰かが泣いたりする場面はなかったんですが^^;。
しかし、自分の結婚式ではないとはいえ、身内の結婚式は親戚集が集まって
バタバタするもの。その慌しい状態も、明日にはひと段落。
なんか、今年の夏は気がついたらなーんもやれてないですが
おねぇの結婚式も終わって
とりあえず9月の郵政試験で(もはやほとんど賭けに近い段階ですが(-.-)y-~~~ )
某社退社後の浮ついた時期もひと段落って感じです。
06年はどうにもパッとしない日々が続いてますが
とにかく早く秋になって欲しいのです。
過ごしやすくなるだけでも、やる気がだいぶ変わってくるからね~~。
[PR]
by kgapk2004 | 2006-08-19 22:59 | 日記・日常(04~08)

大型新人らっぱー

最近ようつべで話題?のカルトラッパー達

COOL TAK
I am so COOL

noriaki
unstoppable noriaki
インタビュー
ホームページまで・・・

noriakiはHPを見る限り「学校へいこう」なんかで
そのうちとりあげられそうな気も・・・
こういうのは同人で素性不明の方が、マジかネタか
区別がつかずにおもしろいんだけど^^;
(しかし、楽曲の破壊力はなかなかのものw)
その点、まったく詳細不明のCOOL TAKは何者なのか(-.-)y-~~~
[PR]
by kgapk2004 | 2006-08-11 18:34 | 雑記

ステータスバトン

スペモナからバトンがまわってきたので、何度目かのバトンに挑戦

◎なまえ:本名、HN、PN、minxネーム、芸名、源氏名など
よしだ2世

◎クラス:いわゆる職業
サブカル小僧?

◎レベル:クラスに対しての熟年度を自己判断で表記。
6/10

◎HP:体力の事。「現在値/MAX」で表記。
650/1000
ややバテ気味

◎MP:精神力として考える。のちに書くスキルに対する集中力
350/600

◎状態:現在の健康状態
いちお健康

◎装備:クラスに対した道具。装備中のものには「E」をつけてみよう。
ICR-S177M:E 

◎スキル:クラスに対した技能と自分特有の技能。自己判断したレベルも書いてみよう。
とりあえずいらん知識をさらすw

◎パーティーを組む人:回す人と同様。
ちと、マニアックだなこれはw
暇な人適当に拾ってってくだされ
[PR]
by kgapk2004 | 2006-08-11 16:09 | 雑記