06年11月HPリニューアルに伴い、ブログタイトルもリニューアル。


by kgapk2004
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2007年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

The Lie Lay Land

c0005235_20544198.jpg





ただいま聴き込み中~。。。
[PR]
by kgapk2004 | 2007-09-28 20:53 | 音楽レビュー

アラビアのロレンス

c0005235_19494427.jpgスペクタクル映画の古典的名作
ベンハーあたりは見てたのに
何故か今まで見過ごしていたタイトル。
第1次大戦という時代背景にいまいち
馴染めなさを感じていたことや
中東という、これまたちょっと異色な
舞台であったこと、長い上映時間に
尻込みしていたのもあったり。
しかし、今なら第1次大戦も中東も
カモーンな状態w
人種を超えて活躍した主人公ってのも
今まさに、非常に興味深いテーマであり
そんな訳で、ようやっと視聴致しました。
映画史上に残る大作映画と言われるだけあり
大掛かりなエキストラに、戦闘シーンも妥協なし、ほぼ全編?砂漠ロケで
舞台の雰囲気も申し分なしです。その一方で内容を振り返ると
主人公側の勢力と対立関係がうまく飲み込めなかったり
さすがに長回しすぎて、退屈に感じてしまうシーンもチラホラ
主人公の心境の変化もやや唐突で掴み辛く
史実が元であっても、ラストにもうちょっと救いが欲しかった気も・・・
一方でおもしろいのは冒頭の主人公の葬儀後(最初に葬式を持ってくる展開がうまいw)
生前の関係者の会話から、このロレンスという主人公がいいヤツなのか
悪人なのかはっきりしないというとこからスタートしてる点がおもしろいw
単なる英雄譚で終わらずに主人公の葛藤や挫折をしっかり描いてる点が○
62年製作という点を考えても、戦争スペクタクル映画の金字塔なのは間違いなし。
昨今の映画でも、ここまで長大なスケールでは描けていないでしょうし
その走りのようになった作品だと思うので。砂漠の映像の美しさと
人間くさい主人公がキモですね。でも長かったわ、さすがに^^;
[PR]
by kgapk2004 | 2007-09-11 19:51 | シネマレビュー

太陽を盗んだ男

c0005235_1427293.jpg80年代前半の日本(東京)って
初期の大友克洋作品や
YMO、ゼルダ等のニューウェーブバンド
村上龍のコインロッカー・ベイビーズが
出回っていた時代、というイメージから
混沌としたどこかアンダーグラウンド
(死後っぽい。。)な印象が漂う時代で
表立っては目立たないものの
妙な熱気があった時代なんだなぁ
と、思うのですが。
それとは関係なく、金八やガンダム
漫才ブームもこの頃ですなw。
そんな、どことなく混沌とした
アングラな当時の東京の風情が、色濃く反映されているのがこの映画。
長らく評判は聞いていたのですが、ネット上でついに見る機会に恵まれましたw。
しょっちゅう邦画定番のタイトルとして挙がる割りに、そこまで期待できるような
内容なのかなーと思ってたんですが、実際見てみると未だに
語られ草になるだけのことはあるな~と納得。
無茶やりっぱなしのロケにエキストラの規模も半端なく
実際にエライ事件が起こっているかのような錯覚を受けてしまう映画です。
話の筋ははっきりいってむちゃくちゃなんですが、その破天荒な作りが魅力。
後半のカーチェイスは邦画至上屈指のスケールでしょう、今じゃ多分無理ですな^^;
[PR]
by kgapk2004 | 2007-09-02 14:27 | シネマレビュー
c0005235_1459328.jpgNIGHT HEADや世にも奇妙な~
のサントラも手がけた配島邦明による
ゲーム、クーロンズゲートのサントラ
ある意味これも立派なエレクトロニカ盤w
九龍フロントや水郷の街はモロにそんな
雰囲気、そして素晴らしい出来です。
配島邦明氏はサントラ界?
では結構有名な人で他にもこんなサントラ
手がけていたようで、アニメからドラマまで幅広く。
しっかし、古い(懐かしい)タイトルが多いなぁ・・・
オリエンタルなムードに浸れます。
[PR]
by kgapk2004 | 2007-09-01 14:58 | 音楽レビュー