06年11月HPリニューアルに伴い、ブログタイトルもリニューアル。


by kgapk2004
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2010年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

獣の奏者

c0005235_17452297.jpg
ファンタジーが無性に読みたくて、ちょうど文庫化になって
日本初のファンタジーのニュースタンダードというように
かなり煽られてもいて、ちょうどNHK教育でアニメ化した話題にもなってたし
またこの表紙がまた絶品で妙にそそられたんだよなぁ~。
で、中身の方は世界名作劇場+動物情愛モノ+少女の成長物語+宮廷陰謀劇
女性作家で骨太ファンタジーと言うこともあり
どうしても十二国期と比較してしまうのですが
少女が辿る過酷な運命とか、一国の中枢にいつの間にか関わってたりとか
主人公に力を貸す(?)のが異形のものとか
異世界とはいえ、その世界観がなんでもありにならないよう
重厚なSF小説ばりに丹念に世界や国になりたちについて描写されていたり
また話の根幹となる闘獣の生態についても語られてきます。
でもこれがまたファンタジーと言う体裁をとりながら、テーマはかなり
普遍的なもの、人との繋がりや境界線にいるものとの交流
そこを、あえてファンタジーとして距離をおくことで
相対化させ、テーマにより説得力を持たせてます。
もう、NHK教育や児童文学ばりに、かなり真面目な話なんですよね
でも、綺麗事にならないような現実的な重さも十分に含んでいると。
ただ、どうも女性作家のファンタジーとは相性があまり良くないようで
終盤まで淡々と話が進んでいき、クライマックスまで到っても
さほど思い入れができませんでした。裏にミステリー的な要素もあり
それらの謎解きの解明もはらんでかなり濃い展開になってるのもわかるんですが。
世界観の描写の丹念さが、逆に冗長に感じられたってのが大きいかなぁ。
どうも自分はSFにせよ、ファンタジーにせよどうも自分はSFにせよ、ファンタジーにせよ
ある一定のライン以上お堅いと、純文学や歴史小説
難解な長編ミステリー以上に、とっつきづらく感じてしまうようで
世間の評価ほど十二国期や銀英伝にいれこめないのもそのへんの兼ね合いもあるのかなー、と。
ファンタジーは冒険主体のかるーいものの方がやはし読みやすいのか
単に年をとって創造力や読解力が低下したのか(汗)
でもこれが、完全なラノベになるとノリが軽すぎるか
設定魔のような背景に胃もたれおこすか、という二択になりがちという。。。
[PR]
by kgapk2004 | 2010-04-11 17:45 | ブックレビュー
c0005235_17405100.jpg
いまさらジョジョですw最近コミックレンタルがうちの地元にも
普及してきまして、小出しで借りやすい
プランもあったりして、そういう環境が整ってようやっと
長丁場の長編にも手が出しやすくなり(笑)いっちょジョジョを通しで読んでみようと
既に3,4部はむかーしに読んでるんですが
1,2部や5部以降は読む機会がなかったんですね。
改めて見ると、やはり、昔は独特すぎて近寄りがたかった台詞廻しや構図に
センスが感じられ、よくこんな濃い作品を,毎週連載していたなーと驚いてしまいます。
ただやはり単行本向けというべきか、後のシリーズに
なるほど、スタンドの能力が複雑化してくるため
週刊で流れを追っていては意味不明になりそうな展開多数
かといって単行本でまとめ読みすると,濃すぎて胃もたれをおこすような漫画だとも思いますw

個人的にシンプルで王道な冒険譚だった1部、閉鎖された
町内で起こるサスペンス調の4部が好み
作風もそれぞれアクション、アドベンチャー、サスペンス・アドベンチャー
になると知り(wiki参照)自身の映画の好みからいっても
ああやっぱりなと納得したものです。
しかし完全なバトルものへ突き抜けた2部とサスペンス調の4部に
はさまれた3部が、バトル、サスペンス、アドベンチャーと
各々のバランスが一番取れていると思うので
とりわけ人気が高いのも納得です。ジョースター家の大河物語もここで
ひとまず完結した、という感もしたし。

5部、6部あたりまでいくとスタンドがどんどん
複雑化するので展開を一つ一つ理解しながら追うのがかなり
大変、スタンドバトルは3部・4部あたりのシンプルさが
好みだったかなーと。その分、アイデアの奇抜さは突出してくるのですが
そして設定を一新したスティールボールランは
またシンプルな見せ方に徹してながら、レースと言う新しい見せ方にチャレンジ
してるので、これまたおもしろいなーと思います。
スタンドは少年漫画に能力バトルをもたらした、という点で
画期的だと言われますが、たとえば冒険譚を描いてもパワーバトルになりがちな
少年誌に(実際ジョジョ一部も、アドベンチャーを描こうとして、
はり後半にかけてバトル寄りになってしまったりするし)
相手の能力によって、どんな方向にも話が進めてしまうため
パニックアクションやミステリー、サスペンスの
息吹きを持ち込むのに最適な設定だったんだと思います。
そういえば、荒木さんの構図やセンスってどこか天野喜孝に近いと思うんですがどうなんでしょ。
[PR]
by kgapk2004 | 2010-04-11 17:43 | コミックレビュー

バガボンド

c0005235_17352296.jpg
スラムダンク後半にいくほど、動きより一枚絵のこだわりがでてきた作者が
どんどん止め絵での迫力を追求しだしたのがバガボンドかなぁ、と。
題材も固いし、どんどん話が禅問答染みてくるため
あれだけ売れてる漫画にも関わらず、かなり人を選ぶ漫画だと思います
(スラダン2描け、の声が高いのも、バガボンドの
そのへんのとっつきの悪さからきてるはず。。。)
しかし、あの絵であれこれ語られると、妙に説得力があるんですよねw
絵はどんどんうまくなってるし台詞にも力があり、それが絵力に支えられて説得力が増してます。
多分、この漫画の魅力は序盤の山場になる
宝蔵院戦に全て濃縮されてたんじゃないかとと思います。
基本はあの展開の繰り返し、でも何故か先を見よう見ようという
パワーがあるんですよね。これもまた連載だとまったりしすぎて
わけわからなくなりそうですが、単行本で流れを追うべき漫画ですね、スラダンもそうだったけど。
最近単行本で何年かぶりに流れを追って読み、そんな風に思いました。
10年以上にわたる連載で、もうじき結末も近いはず。
[PR]
by kgapk2004 | 2010-04-11 17:35 | コミックレビュー

日本沈没vs新幹線大爆破

70年代の大作映画、当時モンの邦画では砂の器や犬神家は見たけど
そういえば、この2タイトル見てないなーと思い
(ネット巡回中にたまたまこの本を見かけたこともきっかけですね)
どちらも有名俳優大量起用と金をかけた特撮が見もの
偶然?両方に出演してるのは丹波哲郎

c0005235_17312155.jpg
日本沈没は高度経済成長が終わり、ノストラダムスの終末思想や
オイルショックといった暗い世相を反映して、ドロドロした怖さが
渦巻いた作品になってます。パニック映画として
ミニチュアワークやエキストラの動員、爆破や壊しがかなり入っていて
だいたい光の巨人のTVシリーズの10倍規模のスケールのミニチュアや
特撮に力を使ってますね、限られた時間に限定されてしまますが
ガラスの破片がグサグサささるシーンはちょっとやりすぎでないか
くらいのエグサ、70年代の「怖さ」がつまったような作品です。
後半は日本を失ったら日本人はどうなるか、みたいな話になり
内容的にそこまで突っ込んでないパニック映画だと思ってたら
思いのほか、シリアスなテーマにも言及してて驚きました
正直、全編をみるとSF的な演出・考察はおまけで人間ドラマがメインですね。
もともとの原作のテーマも、日本を失った流浪の日本人を描きたかったようで
映画では、そのテーマに大きく舵を切るまでは描かれてはいませんが
2012のルーツはこの映画なんじゃないかな??

c0005235_17315628.jpg
新幹線大爆破は、まんまスピードの元ネタですね
時速80キロを下ったら爆発する爆弾が新幹線にセットされたという設定
太陽を盗んだ男と同様に,当時は興行収入が芳しくなく
カルト人気にとどまっていたようで
お金の掛け方や、出演陣を見ると、かなり社運をかけたレベルだと
分かるのですが、気合い入れて作れば必ずヒットする訳ではないのは
いつの時代も同じですな。。。
その後の再評価から、ジワジワと名前を上げていった映画。
当時の浜松駅(昭和50年代当時)が映るシーンがあるんですが(地元)
途中でミニチュアに変わってしまい、はっきり長回しで確認できる
シーンがなくて残念。
でもミニチュアが実写部分と違和感無いくらい精巧でビックリします
日本沈没ほど派手な合成や特撮のシーンはないのですが
部分部分でかなりお金がかかっているのが分かります。
題材が題材だけに当時の国鉄が撮影に協力しなかったため
無茶なシーンはほとんど特撮的に撮るしかなかったようで
かなり撮影には手間暇かかったはず。
しかし、やはりこちらもメインは人間ドラマ、最近の映画なら
スリルとサスペンスでカラッと突っ切ってしまうところを
ジメジメした人間ドラマが絡んでくるのが良くも悪くもこのころの邦画
ただアクション(?)パートとドラマパートがどちらも過不足なく
描かれているので(特に新幹線大爆破は)かなり満足感ある仕上がりです。
しかし、一点だけ、喫茶店が火事になるシーンだけは唐突すぎて白けてしまいました
何かフォロー1つ入れば納得できる
展開になったかもしれないのになのに何故か投げっぱなしと言う。
[PR]
by kgapk2004 | 2010-04-11 17:25 | シネマレビュー

アニメレビュー 索引

☆割と広い人に受け入れられるであろう、とっつき安さをもつと感じた作品。
★作家性が強い作品。ディープ。あとオタク要素が強いものにも。
☆★割と一般向けだけど、作家性やSF色も強く持つ作品。やや実写的?。
★☆ディープな内容ながらw、とっつきやすさもあると感じた作品。
!管理人、特にお気に入りの作品。

パプリカ
イヴの時間☆!
デュラララ!!
サマーウォーズ☆★
東のエデン☆★!
東京マグニチュード8.0☆!
コードギアス★☆
けいおん
ラーゼフォン 多元変奏曲
天元突破グレンラガン 紅蓮篇 ☆★!
天元突破グレンラガン 螺巌篇☆!
涼宮ハルヒの憂鬱☆★!
マクロスプラス☆★
マクロスF
ゼーガペイン☆★
交響詩篇エウレカセブン☆!
機動戦士ガンダム00☆★
スカイクロラ
GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊☆★
神霊狩 GHOST HOUND
電脳コイル☆★!
Ergo Proxy
うる星やつら2 ビューティフルドリーマー☆★!
機動戦士ガンダムSEED
秒速5センチメートル☆!
ターンエーガンダム☆★!
ロードス島戦記(OVA)
機動戦士ガンダム逆襲のシャア
空の向こう、約束の場所☆★
ファイナルファンタジー7アドベント・チルドレン
太陽の船ソルビアンカ☆★
機動戦艦ナデシコ★☆
機動警察パトレイバー THE MOVIE☆★!
灰羽連盟☆★
serial experiments lain
カウボーイビバップ☆★!
新世紀エヴァンゲリオン
無限のリヴァイアス★!
トップをねらえ!!★☆!
天空の城ラピュタ☆!
機動戦士ガンダム0083☆★
[PR]
by kgapk2004 | 2010-04-01 23:48 | アニメレビュー

レビュー総合

管理人本人が触れてきた作品の中から印象的なものをピックアップし
レビューしている自己満レビュー集
今後も暇な時に(長すぎるレビューは特に)改訂してくと思います。
最近はもう見たもの報告と化しつつある。。

音楽レビュー
(現在118作。邦楽、洋楽、サントラ等。しっかり聴きこんでいないものは
あいまいなレビューに。。)
ゲームレビュー
(現在72レビュー)
コミックレビュー
(現在58作。今後も徐々に追加予定)
シネマレビュー
(現在94作。洋画、邦画問わず。)
ノベルレビュー
(現在88作。小説関連のレビュー。ライトノベル、ミステリーから海外小説まで)
アニメレビュー
(現在38作、劇場用作品含む)
ノンフィクション
(現在27作。ノベル以外の書籍はここでレビュー)
写真集
(写真集のレビュー)
音楽DVD
(現在25作。LIVE・ビデオクリップ映像作品のレビューあんまり参考になりません^^;)
ドラマ・特撮
(現在29作。ドラマや特撮作品のレビュー)
etc
(バラエティ、カルト作品、写真集などそのほかの分類のレビューはここ)

mixiのレビュー集

エンタメ
(上記以外のタイムリーな話題とかはここで)
[PR]
by kgapk2004 | 2010-04-01 23:25 | レビュー総合