06年11月HPリニューアルに伴い、ブログタイトルもリニューアル。


by kgapk2004
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2011年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧

LAノワール

c0005235_22453731.jpg
GTAシリーズ、RDRでお馴染みのロックスターのオープンワールドゲーム
GTAが現在舞台でマフィアの抗争
RDRが西部開拓時代でカウボーイの抗争
本作は第二次世界大戦直後で一捜査官が主役

尋問、追跡、現場調査と警察官を疑似体験できてしまうゲーム
海外が舞台でこういうないようだと嫌でも比較してしまうのは
HEAVY RAIN,あれを先にやってしまったせいで新鮮さが薄かったのもありますが
このゲームならではのオリジナリティがあまり見えなかったのが痛かった
まぁまだ触りなのでもっと奥深い要素が先々見られるかもしれませんが。。。

これだけだだっ広いマップの中身があれだけ細かいと
その技術力に執念的なものまで感じてしまいますが
操作の流れは完全にルーチンワークで、やってることは古い時代の
コマンド総当りAVG
けっきょく探索する範囲だけは広いFFになってしまった印章

自由度の高さが売りだったオープンワールドがストーリーを意識しだした途端
一週回って擬似映画体験ゲームになってしまった
こうなるとお金がどんどんかかるし続編になるたびにアイデア以上に
グラ・演出・ムービーのクオリティもあげないといけないという
ちょっと前に日本のゲームが陥ってたループにはまりだしてる気がします。

けっきょくRDRもそこまで大ハマリしてプレイできず
GTAも本作も同様で、
ロックスターのオープンワールドは通行人が完全にオブジェクトと化してて
テキストでなく動きのみで完結させようとするため
比較するとベスセダあたりのシステムも絡めたRPG系オープンワールドの方に
より高い自由度を感じてしまうという結論に至ったような。。
類似作HEAVY RAINは捜査範囲を限定した変わりに
群像劇という形をとった上でシナリオに分岐を持たせたり
身体の動きを模した操作感で疑似体験を増させる独自の味付けがありましたが
本作はそこに一辺のオリジナリティの不足を感じたりも
オープンワールドとしてのボリュームや描写はどんどん凄くなってるんだけど
オブリビオン等にしてもあれ以上の自由度の追求には限界があるだろうし
ここにきてオープンワールドの限界も見えてきた感じが。。
オブリ、ヘビーレイン前にやってればビッくらこいたと思うんだけどねェ。。。
[PR]
by kgapk2004 | 2011-07-16 22:45 | ゲームレビュー

狼と香辛料

c0005235_22251073.jpg
狼娘(ホロ)の絵が前面に出されてるんで
始めはもっといかにもな萌えアニメだと思ってましたw
久々にファンタジーなアニメを見たいと思い
ジャケ裏から丁寧な世界描写が垣間見れたので2期までブっ通しで視聴

まずうれしい誤算だったのが「経済」を軸に据えてること
アニメで「社会派」や「経済」みたいなじみーなテーマを扱ってるのは
珍しいので東のエデン以来のうれしい誤算w
ただ自分は基本に文型脳なのでアニメの劇中のせりふだけでは
話の軸となる経済的な仕組みが飲み込めないまま
話が進んでしまうこともしばしば、このへんは本来
文字で丁寧な説明のある(であろう)原作の方に目を通すべきなのかもなー。。

全体的なムードはあの「世界名作劇場」テイスト
そこにちょっとファンタジーの息吹が混ざっている感じ
街から街へ転々と旅しながらそこで会った人々との交流
主人公二人の歩み寄りの過程が肝。
ゆえにファルコムの英雄伝説や十二国期なんかをなんとなく思い出したり
しかしこれ、第2期ラストのエピソードでも(6話=小説1巻分なので)
16巻ほどで完結した原作小説のまだ4分の1。。。
製作側もなんとなく先があるような気配もうかがえるし
夏目友人帳のような地味にロングランなシリーズ展開が今後あるの、かも?

題材は地味で緩やかな展開なので途中で挫折しかかりましたが
丁寧に作られた良質なシリーズでなのは間違いありません。
セカセカした時には見る気にならないw
アカデミックな題材の通り、登場人物の小気味いい薀蓄のやりとりがまた心地いいです
主役2人がラブモードに突入するとちょっとクサイんだけどね。。
[PR]
by kgapk2004 | 2011-07-16 22:25 | アニメレビュー

ブラックスワン

c0005235_22202267.jpg
予告編をみて気になっていた映画ではありますが。。
半ばバレエの皮を被ったホラーですね、これ
アニメのパーフェクトブルーと類似性を指摘されてるようですが
個人的にはダリオ・アルジェントの「サスペリア」を思い出しました。
女性だらけの環境が舞台であること
鏡がモチーフとして現れること、とにかく「痛い」シーンが多いこと
幻覚なのか現実かはっきりしないシーン多発
ゴブリンのサウンド=クラブのシーンとか。
またハッキリ記憶にないからイメージだけど
「ガラスの仮面」や昔の大映ドラマ「ヤヌスの鏡」なんかも
ちらっと頭をよぎったり。どこか少女マンガ的な世界観なんですよね。
ちょっとお耽美で現実離れしていて
痛いシーンは精神的、生理的に痛さを感じるシーンが多い。
母性が暴走した結果の怖さなどなど(主に母親のカラムとこでね)

見方によってはホラーでなく上りつめていくもののプレッシャーを
精神的なテンパリ具合まで含め描いた、と取れなくもないので。人によって
解釈の幅がありそうで、そのへん新しい。
最近は予告編や紹介文を見ただけでどういう映画化もうだいたい分かってしまう映画
がほとんどですが
(といって展開が読めるのと中身の良し悪しはあくまで別ですが。。
ベタでも魅せ方がうまけりゃ感動するし)
この映画、30分過ぎても話がどう転んでくのかイマイチはっきりしない
こういう予告編だけでジャンルや展開が読みきれない映画、挑戦的でいいと思います
でも最後の方にいくともう展開が読めてはきちゃうんだけど。。
後半に行くほど増すサスペンスタッチな心理描写に関してはかなりベターです。
15Rなのはグロではなく、エロによるところが多そう
ってくらいエロシーンも多し。ナタリーポートマンはすっかり演技派になってきました。
[PR]
by kgapk2004 | 2011-07-16 22:20 | シネマレビュー

SPACE BATTLE SHIPヤマト

c0005235_2216585.jpg
いろいろ酷評されたけど、レンタルになったら見ちゃう類の筆頭w
日本発の大作SF・ハリウッドばりのスケールのように宣伝されてたけど
いままでもその挑戦の歴史は長く
セカイの円谷といわれた時代より2001年宇宙の旅、スターウォーズの頃から
ニ・三歩先をリードされてから(もともと資金が桁違いだからしゃーないんだけど)
宇宙からのメッセージ、84年ゴジラ、影武者、天と地と、平成ガメラ3部作、梟の城
ホワイトアウト等々ハリウッドを意識した実写大作は節目で作られて
でも今一つ実を結ばない不遇の時代が続いてきました。
(80年代のコンピューター、現在のゲーム業界、家電業界が
この特撮→SFXと同じ歴史を辿ろうとしてますが・・・ガラパゴスで
ニッチな国内需要に売り逃げしないで、長期的な目線で頑張って欲しいんだけど。。)
その時代を乗り越えて、このヤマトや海猿、平成ライダー劇場版やGANTZなど
それなりに派手な大作が軒を連ねる今日へと繋がっています。

その中でもとりわけ大きな注目をあびた本作ヤマト
はっきしいって文芸系の映画の目線でシナリオを云々したり
ハリウッドの最上級(アバタークラス)と映像で比較するのはナンセンスで
もう少しハードルを下げてみれば、原作をそこそこうまく租借し
2時間という枠でなんとか治めた優等生な映画に仕上がってます。

違和感あるのはやはりキャスティング、どれだけいい面子を集めても
こういう大作の絵面に日本人はやっぱり違和感、それもすぐ解消されますが
ヤマト乗組員のあのユニフォームは流石にちっと時代を感じさせてしまう。。
一方へんなところでは原作を改変してあって
ヤマト発進までの過程も端折り気味だし(あそこまでで30分くらい枠を作って欲しかったり)
ガミラスが異星人というよりヴァジュラや木星トカゲみたいなクリーチャーになってしまった点
今風ではあるけど、逃げかなーとも思ったりw明らかに人型の組織の方が
描きづらいし、金かかるだろうしね。。尺的にも難しくなるし。。

あと年配の聞き上手に西田敏行、女医さんに高島礼子(既に原作とキャラがかけ離れてるけどw)
年配の枯れた親父に山崎努とか
それぞれの配役に違和感はないんだけど、TVドラマサイズの俳優がそのまま劇場まで
見慣れた配役で持ち込まれてて邦画の層の薄さを感じてしまったりも。。
文芸系や小劇場系の俳優の方はまた別のカテゴリがキチンとできていますが
こういうアクション系SF系になると、途端にTVドラマでお馴染みの顔ぶれの延長か
あとはもう特撮系頼みになってしまい
役者不在感が否めないような、ねェ。。20世紀少年でも感じたけど。

とりあえず、酷評されてもチャレンジすることに意義があるし
作れば作ったデ外国からもオファーが多数かかったりもするようだし
年に数本こういった大作邦画を作る流れはつづいて欲しいですね。
[PR]
by kgapk2004 | 2011-07-16 22:17 | シネマレビュー

8マイル

c0005235_20591728.jpg
サイタマノラッパーにちょい感動したんで本場アメリカのラップ映画代表も流れでみておこうと
いまさら「8マイル」鑑賞いたしました。

エミネム本人がご出演。CDが売れなくなりスター不在が
叫ばれるアメリカでもまだまだエミネムは健在なようで
最近もガガ様をディスったりと大御所感を漂わせつつ
まだまだ現役のラッパーとしての存在感をアピールしていますが
そんなエミネムの成功一歩手前の物語。
これをみるといかにアメリカが自動車産業がもはや斜陽であえるのか
そして、現在日本が当時のデトロイトといくらも変わりようのない
貧困と停滞感を覆いつつあるのをひしひしと感じたりも。
まぁあそこまでの治安の悪化がないだけマシですが。
そんなどーしょもない貧困と現実から一歩踏み出そうとするエミネム
の姿は震災を得たいまますますリアル。このへんのテーマ性はサイタマのラッパーとも
ほぼ共通で、また現代においてパンクの精神性を
HIP HOPが引き継いでいるんだなと改めて確認できる点でもあり。
ほんとは「8マイル」という響きからエミネムが旅をしながら
ラッパーとして覚醒していく「モーターサイクルダイヤリーズ」みたいな
ロードムービーをイメージしていたんですが
実際に見てみたらラップ版ロッキーだった、という印象
それもロッキーほど明快なカタルシスがないのがいかにも00年代の作品だな、と。

しかしね、日本でもシニカルに社会批判くらいできる
アーティストがそろそろ出てきてほしいんですが
チャートにはいろんな顔ぶれがあって正解だと思いますが
同一色に染まると途端に偏った感じを受けてしまう
偶像の象徴であるアイドルやキャラクター、ルックス横行が
ちょーっといきすぎてて最近やばいなぁ何か途上国臭くなったなぁと感じます。
(なんか昔のベトナムとかそんな感じの国になってない?最近(汗))
数年内にレコード会社再編が起こると言われているので
そうなるまではあんま大きな変化もないでしょうが。
社会批判やHIP HOPがそれで正解ともいいませんが
CD不況でもまだエミネムが元気だったりするあたり
アメリカはまだもうちっとは音楽(ジャンルとしての力?)の余力が残ってるんだろうなぁと。
[PR]
by kgapk2004 | 2011-07-15 20:59 | シネマレビュー

魔法少女まどか・マギカ

c0005235_20561412.jpg
震災で放送がストップしたトラブルが返って飢餓感を増させたのか
この春非常に大きな話題になったアニメ
こないだのニコ生一挙放送では視聴者数100万人突破したとか??
この絵柄だとレンタルするには勇気のいる人も多かろうしなぁw

で、これはまた仮面ライダー龍騎と類似性がよく指摘されてるけど
同じ特撮で言うなら基本線はウルトラマンネクサスにも近い気が。
ついでに終盤の展開やどんでん返しの経緯なんか
ペルソナ2(罪・罰)ともけっこー被る。。。
(ル○○ネタ自体はサブカルではおなじみの題材なんでなんとも…ですが。)
自分が目を通してないものでもfateとも類似性があるようで。。
まぁ少し前の特撮の影響が強くみられ
そのため後半ちょっと補足的な描写があるとはいえ
歴史に干渉できるくらい影響のある魔法少女が
一時に同一地区に集中して密度濃すぎだろうとか選考基準が不明という
特撮にありがちな矛盾も被ってしまっているというw

そういった流れにコピー・シャッフルが見られども
ある世代にとってはこの作品が原体験、エポックにもなる訳だし
(上記作品郡も出た当時は既存の作品との類似点、シリーズものと
比較されたり、時に叩かれたりしてたタイトルばっかだし。。)
久々にあれこれ考察されるようなシナリオを生み出したアニメになったんじゃないでしょうか。

何より「魔法少女もの」でお約束を破ったのが何よりデカイんでしょう
かのエヴァがマジンガー・鉄人から延々とつづく巨大ロボット者の文法を忠実に
(設計者は身内、細かい説明なく初戦に放り込まれる等)
守りながら、ストーリーで散々あれこれやり散らかしたのと同じく
サリーからプリキュアまで延々とづつく
魔法少女(魔女っ子もの?少女変身もの?)という枠の中で可能な限りの
お約束破りをし、どこまでいけるかをやったアニメ。
(変身道具はコンパクト、サポート役にペット的な何か、学生服が戦闘服??)
魔女ものはほっとんど見てないのでそのへんの細かい考察はでけませんが
ワルプルギスの夜とかエントロピーとかが出てくると脈絡なく反応してしまうw
気になったのはグロ描写、深夜枠でそういう層に当て込んでるとはいえ
魔法少女でここまでやる必要があるのかというw
本来完全に「女の子」のジャンルなのでテーマを深くするのはともかく
この絵柄で
グロまでやるのはどーも
このへんは鬼頭莫宏の漫画に通じるある種のエゲツなさも感じます。


3話以降はところどころやりすぎだろーと思いながらも、最終回まで
かなり気を持たせたテンションで駆け抜けたし。
最終回は余韻に浸りつつ、もう一歩踏み込んでりゃ新しいシナリオパターンを
ひり出せたんじゃないかと惜しい気持ちも。
[PR]
by kgapk2004 | 2011-07-15 20:56 | アニメレビュー

野獣死すべし

c0005235_20535846.jpg
東宝のデジタルリマススター系BDを買ったら
デカデカと見出しが載ってましてちょっと前に特集も満たし
優作のアクション映画って見てないなぁと思い
甦る金狼に比べ、いぶし銀な印象のあるこっちを
あえて見てみようと。。それまでアクション俳優として
演じてきた松田優作としての新境地
地獄の黙示録やタクシー・ドライバーのような
戦場帰りの人間が凶器にとりつかれていく様を描いてます。

スタイリッシュなのもそうですが、もってもわしたシーンも
多いため、その辺で冗長に感じてしまう人も多かろう作品ですが
優作の凶器演技は本家(?)デニーロを喰ってしまうほどのインパクト。
あっちはニコニコした一般人が実は頭のなかぶち切れてたそのギャップが肝。。
こっちは素でナイフ出してきそうな剥き出しな感じ。
しかし、あのぼそぼそとしゃべる奥に凶器な
感じチラチラするのは岸田森譲り??最近でこそああいうキャラ造詣は
もう珍しくないですが、当時はかなり画期的だったはず。
日本における凶器キャラの1つの類型になったんじゃーないかと思います。
ついでに若かりし日の鹿賀丈史があんなギラギラした感じとは思わず。
トコロドコロ退屈に感じるとこも多い映画ですが、電車のシーンなど
目が離せない名場面もまた多い映画です。最後のシーンの解釈はよくわからんけど。。。
[PR]
by kgapk2004 | 2011-07-15 20:54 | シネマレビュー

夜は短し歩けよ乙女

c0005235_20511368.jpg
初森見登美彦 、みんなが選んだ角川文化第一位だか
東大生に人気だか、そんな見出し文に惹かれて
いまや大人気作家なんですね
いわゆるレトロ独白調の作風は好き嫌いがくっきり分かれそうですが
それ以前に「大学生」を主人公にした物語が肌に合わないことが多く
小学生よりも好奇心は薄くとも知恵があり
中学生よりも不安定でなく
高校生ほどの焦燥感や暴走もない
多くはのほほーんとしたモラトリアムがつづくため
大学生の心地よさも知っている反面、物語にすると
退屈なものになりがちなよーな気がしてまして
だから「もやしもん」も「げんしけん」も乗り切れなかったんですが
本作もどこかにそののほほんとしたモラトリアムな匂いを感じ
作者の文体に慣れるまでに時間がかかったのもあって
完全にリズムに乗り切れなかった。。
大学時代特定のサークルに属してなかったのもあるよなぁ、多分。。

でも毎回毎回おこるドタバタ劇は素直に楽しそうだなぁと
一部の夜の街、三部の学園祭など
そういえば、第三部の学園祭の光景は「蓬莱学園の初恋」を思い出しました。
あれと節々の展開が似てる。でもああいう筋のものは大好きで。

でもクセになりそうないい回しの数々
つかみどころのない世界観、独自の文体、奇人変人キャラの数々に
にわじわはまっていくと自然と作者の次の作品も見てみたくなるそんな話。
[PR]
by kgapk2004 | 2011-07-15 20:52 | ブックレビュー