06年11月HPリニューアルに伴い、ブログタイトルもリニューアル。


by kgapk2004
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

機動戦士ガンダムSEED

c0005235_23444149.jpgアニメレビューの数が少なめなので
いくつか追加w
ガンダムSEED、なんだかんだいって
2000年代でもっとも稼いだアニメです。
初はリヴァイアス2のような印象もありましたw
キャラデザと声優が被ってるんですね。
続編、DESTYNY開始直前の頃
ネット上では特に大きなブームとなっていましたが
同時に従来のファンからの
批判の声も膨らんでいた時期
ちょうどそんな頃に通して視聴。
ガンダムの新作が従来のファンに
叩かれるってのはいままでも定番だったようで
SEEDに限ったことではないのですが
主に1stをそのままなぞった展開
キャラ萌えを狙った描写、ガンダムの大量投入(これはスポンサーの
バンダイの要望が絡んでるから、どうしょもないみたいですが。ライダーとかと同様)
アニメアニメしたキャラデザ、どこかおもちゃっぽい機体、バンクシーン多様
幾つかの伏線投げっぱなしで終了等が叩かれどころとして
あったみたいです。個人的にはSEED肯定派で、キャラを生かした傑作エピソード
がいくつか見られたし、CGをフルに使った戦闘シーンは機体こそ質感が薄いものの
高速な戦闘描写は見ごたえがあったし、従来の舞台仕立てを思わせる
遠まわしな台詞廻し、やたらとエキセントリックなキャラなど
どこかクセが強かったTVシリーズのガンダムの流れで見ると
状況説明や感情表現まではっきりとキャラに発言させる、少年漫画テイストの
分かりやすい描写に徹したのは、一般受けも狙うなら
間違った方向ではないし(いままでもOVAやX、Gガン等は
比較的「分かりやすい」部類だったと思いますが)そのおかげか、王道の展開も
堂々と出来ていて、特に主役機交代があんなにドラマティックに演出できたのは
Gガン以来ではないでしょうか。それで、背後で展開される駆け引きはいままでに劣らず
複雑であったりもするし。萌え描写も、長寿シリーズだけにそのつどの時代性を
反映させるのはアリで、あのくらいなら雰囲気を壊すにまで至っていないでしょう。
なんだかんだいって(最近しばらく離れていた最近のアニメを
ちょろちょろ見ているのですが)最近の、特にロボットアニメのトレンドの流れを
作った作品だとも思います、それらと比較するとクオリティーが一定以上
保たれていたのも確か。しかし、地球降下から砂漠に至るあたりのエピソードは
さすがに1stのトレースしすぎでちょっとひいてしまいましたが。。続編デスティニーまで
いくと、今作以上のバンク多様、度々の総集編、目立たない新キャラ、続編まで
きてテーマがほぼ被ったうえ、前作の伏線もほとんど回収されず
結構肩すかしを喰わされましたが。。
[PR]
by kgapk2004 | 2008-05-21 23:41 | アニメレビュー